筋膜とは

筋膜グリッピングが癒着を起こし解除された時のイメージです

筋膜は簡単に言えば筋肉を包んでいる膜です。

全身を包む薄い膜
筋肉を包み込む膜
骨、関節を包む膜があり、全身をくまなく包んでいます。

筋膜は繋がりあり、全身をくまなく包んで全身にネットワークを形成し身体を支えています。

マッサージは筋肉の緩和を目的としますが、筋膜整体では癒着を解除することで痛みのネットワークを断ち切るという考えで行います。

筋膜の説明です

筋膜の構成 は

筋肉は細い筋繊維が集まって出来ています。
その筋繊維の一本ずつも筋膜で包まれています。
そして筋膜で包まれた筋繊維がいっぱい束になって、それがまた筋膜で包まれています。
その束がまたいっぱい束になり筋膜で包まれているという状態です。

筋膜は一つ一つの筋肉を包んでいる膜です。そして筋肉と筋肉も筋膜でつながっています。

筋膜が癒着を起こした時のイメージです

だから筋膜は皮膚の内側で全身に張りめぐらされています。

筋肉の外側にも内側にも、筋膜は繋がりあって全身にネットワークを形成し身体を支えています。

その筋膜に緊張が生じると【筋膜】が癒着を起こし、骨格バランスに歪みが生じたり、関節の可動域が制限されたり、痛みが発生したりするのです。