腰痛の予防と対策

腰痛や坐骨神経痛は内灘の整体院・横山療術院へ!

腰痛が起きる前にその前兆があります。

そのサインを見落とさないようにしましょう!

そのときは腰痛予防をしましょう

  • 腰を前後に倒したり、左右にねじると、からだが硬く感じたり、筋肉が張っていたり、押すと痛みを感じることはありませんか?
  • イスに座っていると足を組まずにいられない、そんなことはありませんか?
  • なんとなく腰がだるい、と感じることはありませんか?

これらの症状は腰痛のサインです!

  • 会議や車の運転などで長時間、座り続けるとつらくなりませんか?

それは長時間座ることで筋膜が癒着を始め座り続ける状態がつらくなってきます。
それは筋膜が癒着を起こし腰痛のきっかけとなっていきます。

<このような時の対策として>
◆癒着を起こした筋膜を、ストレッチや軽い体操をして血液循環の改善を行ないます。

◆骨盤の歪みに関係する太ももの筋肉などのストレッチや体操をします。

◆腰に対しては骨盤を両手で支えゆっくり前後、左右、そして回転させ筋膜の癒着をとっていきます。
 
◆太ももの筋肉に対して足の屈伸運動やストレッチなどを行ないます。

◆オフィスなどではイスに座った状態で左右に上半身を倒していき脇を伸ばすようにします。

◆背中の筋肉を緩めましょう。
まず肩甲骨を広げるように両手を前に伸ばしていきます。
その時頭も少し前に倒します。

◆次は肩甲骨間を縮めるように、両手を後ろで組んで、気持ちよく胸を張ります。
その時頭を後ろに倒します

このときの注意ポイントがあります!

ストレッチはゆっくりと、息を吐きながら無理をしないで,
気持ちよく動かすことが大切です

「ホームページを見た」とお電話ください。
   予約制(当日予約も大歓迎です!)
℡ (076)239-4212