ウォーキングを頑張っているけど効果が出ない方へ

こんにちは!

画像の説明
横山昇吾です(^^)/

金沢市郊外・内灘町で筋膜ケアに特化した施術
【筋膜グリップ】を唯一受けることが出来る治療院です。

横山療術院ってどんなとこ?↓↓
横山療術院のご案内
どんな手技するの?↓↓
筋膜グリップテクニック
お客様の声↓↓
心温まる体験談

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ダイエットと聞くと一番に思いつくことが『ウォーキング』ではないでしょうか。


ウォーキングは日常生活にも取り入れやすく、既に行っている方も多いはず。


しかし、ただ『たくさん歩けばよい』と思っていませんか?


【ポイント】と【歩き方】を少し変えるだけでウォーキングの効果を高めることが出来ます。


ウォーキングを続けているけど、あまり効果を実感できないと思っている方は是非、ご覧になっていただきご自身のウォーキングの参考にしてみてください。

画像の説明

【ウォーキングのポイント】
①姿勢を正す
有酸素運動の基本として、まず『姿勢』をチェックしましょう。
きれいなフォームでウォーキングを行うことで、スムーズに呼吸を行うことが出来、効果的に脂肪を燃焼することが出来ます。

②適切な時間
脂肪を燃焼させるには30分以上続けて歩くのが良い、など言われていますが、
効果的に脂肪を燃焼するには10分を3回に分けて歩く方が良いでしょう。
更に、その間に家事や買い物をなどを行えば、それも立派な運動です。

③ウォーキングシューズ
軽すぎず、耐久性のあるものが良いでしょう。
かかとをしっかりつけて親指で確実に蹴り出すことが重要なウォーキングなので、底の耐久性が重要になってきます。

【歩き方】
①正しい姿勢で歩く
天井から頭を吊るされているイメージでアゴを引き、
目線は真っ直ぐ正面を向き、頭が下がらないようにしましょう。

②体全体を使って歩く
肘を後ろに引くように腕を振り、雑巾絞りのイメージで骨盤を前後に動かしましょう。
体全体をねじるように歩くと骨盤の周りの筋肉が刺激され、
お腹の引き締め効果が高まります。

③着地はつま先
つま先を上げて着地しましょう。
最後は体を前に押し出すイメージでつま先で地面を蹴り上げましょう。
靴底のすり減りで左右差がある方は、着地の際つま先の方向に注意してみてください。


いかがでしたか?


より効果を出したい方は、ウォーキングの前にスクワットや腹筋を行うことで、
更に効果的に脂肪を燃焼する事が出来ますので、
無理のない程度で行ってみてください。


ウォーキングの際に足の出し方に左右差を感じる方は、
骨盤が歪んでいる可能性がありますので、
一度当院までご相談ください。


本日も最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

画像の説明